診療内容

<予防・ワクチン>

ワクチンや薬で、予防できる病気があります。
法律で義務付けられているワクチンもありますので、きちんと受けましょう。

犬猫 混合ワクチン

生後2ヶ月・3ヶ月・4ヶ月 合計3回のワクチン接種。
以降は年1回接種が必要です。

ジステンバー・伝染性肝炎・パルボなどのウイルスが原因の病気予防です。仔犬は母親の初乳を通じて、これらの病気の免疫(抵抗力)をもらいます。
…が、生後ニヶ月位から切れ始めます。その時に混合ワクチン接種を受けましょう。さらに、生後3ヶ月・4ヶ月と追加接種をすることによって抵抗力を高め、仔犬のワクチン接種は完了です。(子猫も同様です)
その後は1年に1回の追加接種を行います。

 

犬 狂犬病ワクチン

生後3ヶ月以上の犬に義務付けられているワクチンです。
市町村への登録手続きの後、年1回接種が必要です。

狂犬病の予防注射です。春になると街角で集合注射を見かけることがあると思います。一生1回の登録と年1回の注射です。お住まいの市町村の動物病院で、注射及び登録の手続きができます。日本では馴染みの薄い病気ですが、お隣の韓国や他の多くの国々では一般的にある病気です。人にも感染する病気で発症したら確実に死に到ります。
万が一の病気の蔓延に備え、日本では狂犬病の予防接種が法律で義務付けられています。

犬猫 フィラリア

4月末から5月の間に血液検査をしましょう。
蚊がいなくなっても12月頃までは、毎月薬を飲ませましょう。

フィラリア予防です。ご存じのようにフィラリアは蚊に刺されてうつり、そうめんのような
(20cm~30cm位の)虫が寄生する病気です。夏、蚊に刺されて翌年の春には心臓に寄生します。
予防として、1ヶ月に1回薬を飲ませます。飲ませる前に血液検査が必要です。
蚊の発生する頃から蚊がいなくなって1~2ヶ月後まで飲ませましょう。

犬猫ノミ・マダニ予防

お散歩や外に出る機会のある子は一年中。特に気温が高くなる季節は要注意です。

ノミやマダニが寄生すると皮膚炎や貧血などの病気を引き起こします。また、飼主様にも被害を及ぼすことがあります。生後2日齢から使えるスプレータイプ、背中につけるスポットタイプ、食べるタイプの大きく 分けて3タイプがあります。

<避妊・去勢手術>

こどもを産ませないのであれば、早めの手術を。
歳を取ってからの前立腺肥大や、子宮蓄膿症などの病気のリスクを軽減できます。

男の子  前立腺肥大、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫の予防
   
女の子  発情が止まり出血がなくなる、乳腺腫瘍、子宮蓄膿症の予防

以前は望まれない子をなくすために行うことが多かったのですが、近年は年を取ってからの病気、例えば、乳腺の腫瘍、会陰ヘルニア、前立腺肥大などの予防につながるとされ、推奨されています。
手術を受けた際は、動物たちには痛みだけでなく精神的にも負担がかかっているので、しっかり声かけをされることと、食事にも気を付けてください。
手術後は飽食、肥満の傾向が出てくるので、体重チェックをして体重が増加しないよう注意してください。

 

食欲がない、咳込んでいる、散歩に行きたがらないなど、
気になる症状があれば、すぐにご相談ください。

季節に関係なく、7~8歳を過ぎたわんちゃんでは、心臓の病気が増えています。たんが絡んだような咳が出たり、元気に歩いていたのに息切れしたりするようなことがあれば、すぐに病院に連れてきてくださいね。
またねこちゃんは慢性の腎疾患が多く見られます。普段よりも水を飲む量が増えたり、おしっこの量が増えていたら注意信号です。
動物たちと日頃からたくさんスキンシップをとって、小さな変化も見逃さないようにすることが大切です。

 

 

診療時間

住所

〒569-1141
大阪府高槻市氷室町3-28-3

アクセス

このペーシの
トップへ